top of page

新社会人・新人セラピスト

本日4月1日、新年度ですね。

多くの職場は3日からスタートでしょうか。

私が臨床に出ている病院は4月3日から新入職員がきます。


新人セラピストの中には、初めて働く人、転職してこの世界に入った人と様々でしょう。

高学歴の人、専門卒の人、学歴も様々なのが、セラピスト界の特徴です。

ここまで異種の経歴の人たちが混ざる業界は多くはないでしょう。


セラピストとしてデビューすると、今まで以上に様々な出会いがあります。

同僚や先輩、他職種はもちろん、患者さんやそのご家族との出会いがあります。

担当する患者さんが良くなるどうかは、セラピスト次第です。

セラピストの責任は皆さんが思っている以上に大きいですよ。


今まではセラピストになるため、国家試験に合格するために勉強してきたことでしょう。

これからは目の前の患者さんに対して、セラピストとしての責務があります。


自分の手で好きなものを口から食べられるようになるのか、一人で歩けるようになるのか、自宅での生活を継続できるのか等々、『できない』を『できる』に変えられるのは、我々セラピストだけです。

変えられるのか、変えられないのか、その重責を担うのが我々セラピストです。


新人セラピストさんたちは、今日スタートラインに立ちました。

どういうセラピストになりたいか、

どういうセラピストになりたいと思っていたか。

どういうセラピストになるのか、

皆さんの努力の継続が全てだと思います。


先ずは、セラピストデビュー、おめでとうございます!








閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page