嚥下の過去問

第54回午前65

嚥下中枢が存在する部位はどれか。

1.赤 核

2.中 脳

3.小 脳

4.橋

5.延 髄



第54回午後67 

摂食嚥下の咽頭期に生じる現象で正しいのはどれか。

1.吸 気

2.咀 嚼

3.喉頭蓋反転

4.鼻咽腔開放

5.輪状咽頭筋収縮



第53回午前68 

摂食嚥下の際の運動で正しいのはどれか。

1. 嚥下後の呼吸は吸気から再開される。

2. 口腔内の食塊は反射運動で咽頭へ送られる。

3. 嚥下反射が起こると舌骨は下方に移動する。

4. 食塊の咽頭への送り込み時に口蓋帆張筋が緊張する。

5. 食塊の食道への送り込み時に輪状咽頭筋が収縮する。



第52回午後84

摂食嚥下障害への対応で正しいのはどれか。

1. 飲水にはぬるま湯を用いる。

2. 咽頭期障害では頭頸部伸展姿勢で嚥下する。

3. 口腔期障害に対しては高粘度の食物を用いる。

4. 先行期障害に対して食事のペースを指導する。

5. 鼻咽腔閉鎖不全に対しては Shaker 法を用いる。

113回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示